お知らせ

骨太の方針2024の骨子案を提示 物価上昇を上回る賃上げの定着などを目指す

令和6年6月4日、首相官邸において「令和6年 第7回経済財政諮問会議」が開催されました。今回の会議では、中期的な経済財政の枠組み及び骨太の方針2024(経済財政運営と改革の基本方針2024)の骨子案について議論が行われました。

この日の議論を踏まえ、議長である岸田総理は、次のようにコメントしています。

●中期的な経済財政の枠組みについて
人口減少が進む中でも豊かさと幸せを実感できる持続可能な経済社会に向けて、経済あっての財政の考え方の下、2030年度までの6年間を対象期間とする経済・財政新生計画を取りまとめることとする。

●骨太の方針2024について
来年以降、物価上昇を上回る賃上げを定着させていくことが必要である。その上で、人口減少・少子化が進む中でも、豊かさと幸せを実感できる持続可能な経済社会を構築していかなければならない。
そのため、骨太の方針2024においては、物価上昇を上回る賃上げの定着に向けた賃上げの促進や価格転嫁対策、人手不足対策、社会課題解決をエンジンとした経済成長に向けた官民連携での投資の拡大と新技術の社会実装、中長期的に持続可能な経済社会に向けた経済・財政・社会保障を一体とした改革について、基本方針を明らかにしていく。

骨太の方針2024については、政府・与党でさらに議論を深めた上で、今月(令和6年6月)中に閣議決定される模様です。動向に注目です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<令和6年 第7回 経済財政諮問会議>
首相コメント:https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202406/04keizai.html
資料:https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2024/0604/agenda.html