お知らせ

2024年のジェンダーギャップ指数 日本は世界118位 前年より若干改善

世界経済フォーラム(WEF)から、令和6年6月12日、世界の男女格差の状況をまとめた「グローバル・ジェンダーギャップ・レポート2024」が発表されました。

ジェンダーギャップ指数(男性を100%とした場合の女性の位置づけ)のワールドランキングも公表されていますが、2024年の総合ランキングにおいて、日本は、146か国中の118位となっています(前年は、146か国中の125位)。

1位は15年連続で、アイスランド。

次いで、フィンランド、ノルウェー、ニュージーランド、スウェーデンと続いています。

日本は、政治分野でやや改善した影響で、前年よりも順位を上げましたが、男女格差が大きい状況が依然として続いています。

あらゆる分野において、男女格差の解消が喫緊の課題といえます。

必要であれば、ご確認ください。

<Global Gender Gap Report 2024>

https://www3.weforum.org/docs/WEF_GGGR_2024.pdf